サプリメントを飲むときに飲み合わせを考える必要性

薬剤師

飲み合わせを考える必要性

近年では、サプリメントを利用する人が増加しており、一人で何種類ものサプリメントを

一緒に飲んでいるという人も多くなっています。

マルチビタミンやカルシウム、プラセンタ、DHAなど色々なサプリメント商品を

組み合わせて摂取している人もいることでしょう。

多様な種類のサプリメントが販売されるようになって、いくつも同時に飲みたくなるのは

うなずけます。

サプリメントの本場であるアメリカでは、多い人では5種類ぐらいのサプリメントを

まとめて摂取している場合もあるくらいです。

飲み合わせ自体がよくないなら、色々な種類のサプリメントを一気に飲むという方法は

制限されるでしょう。

そういうことを考えると、飲み合わせ自体で問題が発生することは少ないといえます。

ただし、医師から処方された薬とサプリメントを同時に使う時は、念のための確認は

大切です。

サプリメントと薬の飲み合わせには、問題が生じる場合が多々あることが

知られています。

糖尿病の治療のために血糖値を下げる薬が処方されたり、高血圧の治療に降圧剤が

処方された時には、サプリメントとの飲み合わせでよくない影響が現れることが

あるようです。

飲み合わせによって血液サラサラ効果がなくなってしまったり、血圧を抑制する

成分の効果が薄れてしまうことが分かっています。

普段から飲み続けている薬がある人が、何らかのサプリメントを使い始める時には、

薬剤師や担当医師に話をするといいでしょう。

治療のために処方してもらった薬が、サプリメントが原因で効果が出なかったら

身体の状態にもよくない影響を及ぼしますので、油断せずにきちんと確かめることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。