活性酸素と抗酸化サプリメントの関係

活性酸素

抗酸化サプリメント

抗酸化サプリメントとはどういった時に使うものでしょう。

この酸化とはサビることを指し、抗酸化とはサビを抑止するということです。

体内で活性酸素という物質に変化し、細胞をサビさせるのが、空気中の酸素です。

排気ガスや紫外線、食品添加物、ストレス、不安などでも活性酸素は発生しますし、

呼吸によって体内に取り込まれる酸素の2%が活性酸素になるといわれているのです。

体じゅうの細胞が、活性酸素により細胞がサビていくことにより、

ダメージを受けてしまいます。

これにより繋がると考えれているのが、老化やガン、生活習慣病などです。

活性酸素より1つの細胞がサビると、次々に周囲の細胞にも影響し、

サビていくと言われています。抗酸化作用とは、この活性酸素を減らす作用のことで、

この頃は抗酸化作用があるサプリメントが大変注目されているようです。

抗酸化作用

体には元々抗酸化力があり、増えすぎた活性酸素を除去することができますが、

活性酸素があまりにも増えすぎたり、不眠や体力低下で抗酸化力が弱っていると、

サプリメントなどを摂取しなければ押さえきれません。

そのような理由から、体内の抗酸化力を強化するために、抗酸化サプリメントを

摂取するのです。例えば、ビタミンCやEは抗酸化作用がある栄養成分です。

サプリメント選択時には、β‐カロテンやリコピンなどのカロテロイド類、

カテキンやフラボノイドなどのポリフェノール類も抗酸化作用がありますので、

是非参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。