早めの対策をしておきたいメタボリックシンドローム

乗るだけ

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの健康への影響が知られるようになってきて、

メタボ対策の必要性を強く感じている人か多くなっています。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群とも呼ばれています。

健康診断でメタボの診断をされたり、メタボ予備軍と言われた人は要注意です。

内蔵周辺に脂肪が蓄積し、高血圧、高血糖、血清脂質異常という3つの症状の中から

2つ以上が当てはまる状態をメタボリックシンドロームといいます。

内臓脂肪を減らすことができれば、自然と他の項目も下がりますし、

メタボリックシンドロームから脱却できます。

日々の食事で何を食べているか、量が多すぎないかを調べてみましょう。

夜食や間食はできるだけ少なくして、主菜と副菜、主食などのバランスを

見直すことが大事です。

1日3食の食事を規則正しく摂取することも重要です。食事の時にはしっかり

噛んで食べる習慣をつけることで満腹中枢が働きやすくなり、

たくさん食べなくても十分に満腹できるようになります。

メタボリックシンドローム対策には、運動が効果的だと言われています。

ウォーキングや軽めのジョギングなど、継続して始めることができる運動を

取り入れることが重要となるでしょう。

長時間の運動をするには時間が融通できないという場合は、徒歩移動時の

ペースアップや、階段の多用など、ちょっとした心がけで体を使う機会を増やせます。

座りっぱなしの作業をする人は、たまに席を立って外の空気を吸ってきたり、

軽い運動をしてみるのもいい方法です。

メタボリックシンドローム対策の中には、今すぐやったほうがいいことも

ありますので、日々の生活の中に少しずつ組み込んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。