ダイエット停滞期とリバウンド

リバウンド

停滞期とリバウンド

停滞期が始まるのは、ダイエットがきちんとできているサインでもあります。

停滞期が終わればまた減量は成果が出てきますし、自分は停滞期を脱却したという

自負は次の停滞期も抜けやすくなります。

逆に、停滞期の真っ最中にダイエットをやめてしまうと、リバウンドが起こりかねません。

ダイエットを急にやめた場合、減っていた体重がぐんぐん元に戻って元以上の

体重になってしまうことがリバウンドという現象です。

ダイエットをする前より太ってしまって、痩せた時期はあったけれどもそれは

ごく短い間のことだったという結末になるわけです。

停滞期中の体は、基礎代謝が低く抑えられています。

食事からは最大限のカロリーを吸収できるよう、生きていくためには最小の

カロリー消費で済むようにしています。

省エネ状態の体でいる時にダイエット前の食生活に戻してしまうと、

一気に大量のエネルギーを体に抱え込んでしまうことになるのです。

リバウンドで増量した体内のカロリーは、たいてい体脂肪として貯め込まれます。

停滞期はストレスが貯まりやすい時期です。

停滞期は食べることでこの辛さから解放されるならという思いから、

ダイエットを中断してしまいやすい時期でもあります。せっかくダイエットをしたのに

リバウンドを起こさないよう、停滞期には要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。