食事メニューを改善すれば無理なくダイエットできる

食事メニュー

ダイエットは食事メニューが大事

もしもダイエットに成功したいと思ったら、食事メニューはどのようなものが効果的なのでしょうか。

ただ単に食べる量を減らせば一時的に体重を減らすことができますが、我慢した分だけ反動がやってきて、確実にリバウンドしてしまいます。

ダイエットをするために食事の量を減らすという方法は、健康を損なう可能性があります。

ダイエットを念頭に置いた食事メニューを決める時には、食事量は減らし過ぎずに、一日三食きちんと摂りましょう。

朝食が大事

朝食は特に必要であり、朝に食事を摂ることで体温が上がり、エネルギーが消費しやすくなります。

体温が上がらなければ代謝の低い状態が続くので、エネルギーの消費量も低くなってしまうので、朝食を食べないのはダイエットには逆効果です。

炭水化物を主食のご飯で摂り、たんぱく質を卵や豆腐で摂ることで、バランスが整います。

炭水化物は太る?

炭水化物は太るといって避ける方も多いですが、朝は一日の活動を十分に行えるようにするためのエネルギー補給が重要です。

昼は、体内の消化酵素が活動していますので、食べたいものを食べてもそれなりに体は消化してくれると考えていいでしょう。

時間通りの食事を昼間にきちんと摂ることで、夕食の食べ過ぎ予防の効果もあります。

夕食は炭水化物は少なめにして、魚や大豆などのたんぱく質や、野菜などの食物繊維を多く摂るようにしましょう。

栄養バランスの良いメニュー

ダイエットに適した栄養バランスの良い食事に改善することが出来れば、無理なくダイエットを継続できるようになります。

エネルギー及び栄養バランスの取れた食事

主食:ご飯、パン、麺類など、主にエネルギー源になる料理。
主菜:肉、魚、卵、大豆製品などを使った、主にタンパク質を多く含む料理。
副菜:野菜、海藻などを使った、ビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含む料理。

バランスの良い食事を摂ることが大切ですが、どのように、栄養バランスの良い食事を摂ればいいのだろう化。

栄養バランスの良い食事とは
厚生労働省が 国民の健康の保持・増進、生活習慣病の発症予防・重症化予防を目的に、科学的根拠に基づき、
エネルギー及び栄養素の摂取量を年齢・性別ごとに基準を設けています。

「日本人の食事摂取基準」です。

この基準を満たした食事が、現在の日本人の“栄養バランスの良い食事”の目安になっています。

食事摂取基準は、エネルギー、タンパク質、脂質(4項目)、炭水化物(2項目)、ビタミン(13種類)、
ミネラル(13種類)について設定されています。

栄養バランスの良い食事にするポイントは
エネルギー及び栄養バランスの取れた食事の基本は、主食・主菜・副菜を揃えることです。

不足している栄養素を補うことを意識して、汁物を追加すると栄養バランスが取れてきます。

食べ過ぎたもの、食べなかったものを次の食事で調整することを意識することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。