おなか周りのダイエットには腹斜筋を鍛える腹筋運動がおすすめ

トレーニング

腹斜筋を鍛える

ダイエットをして体重を落としても、なかなかおなか周りの脂肪が落ちないとお悩みの方も

多いのではないでしょうか。

ちょっと運動をするとシェイプアップがてきた若いころと違い、年をとってからの

ダイエットは難しいものです。

おなかについてしまった体脂肪を燃焼させるためには、一体、どういったダイエットが

有効でしょう。

通常の体重を落とすためだけのダイエットとは別メニューで、おなか周りの筋肉を

鍛えることです。

自宅で筋トレをするときに一般的な腹筋をしてもかまいませんが、さらにウエスト周りを

効果的に引き締めたいのであれば、腹斜筋を鍛える腹筋運動がおすすめです。

途中までは腹筋の運動と全く同じですが、体を起こす時には上半身を斜めにして

捻り運動を加えます。

通常の腹筋のやり方と同じように、膝を立てて上体を倒した状態にしたら、

まずは右肘を左膝につけるイメージで体を起こしましょう。

次は右膝に左肘が触れるようにしながら、体を起こすようにします。

腹斜筋を左右対称に強化するためにも、運動は右、左の順番でします。

一般的な腹筋をするよりもきつい筋トレにはなりますが、その分短期間で

おなか周りのダイエット効果が出やすく、よりすっきりとしたウエストラインになります。

せっかくダイエットをするのであれば、体重を落とすだけではなく、

自分の理想とする体型を手に入れたいものですよね。

腹筋運動に、腹斜筋を強化する動きをプラスすることで、おなかを効率的に

引き締めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。