女性の平均体重と標準体重

標準体重

平均体重と標準体重

標準体重と平均体重は、女性の場合は一致していません。

一般的に自分の体重が標準の範囲内かどうか確認する方法は平均体重を目安にするよりも、

個々で計算したほうがより実用的です。

標準体重の計算方法はいくつかありますが、身長(㎝)から100を引き、9を掛けた数字

イコール体重(㎏)という計算が定番でした。

最近はBMI法という計算式のほうが主流のようです。

BMI法という計算によると、標準体重は体重を身長の2乗で割った値になります。

BMIの結果は、日本人の平均体重とほぼ合致しているようです。

しかし、女性の平均体重は平均体重より少ないことから、やせ型嗜好が読み取れます。

BMIに基づいて計算される数字とは、病気になりにくい健康的な体重であることを

意味しています。

BMIの数字は外見的にはぽっちゃり気味で、きれいな体型を目指すなら

平均体重を基準にすべきという女性も多いようです。

18.5~25ならば標準体重であり、ダイエットの必要性はないというのが

BMIでの基準値です。

平均体重と平均身長でBMIを計算すると、結果は22より少なくなります。

女性の場合は運動量が減っていたり、ダイエットなどで年々筋肉が少なくなり

女性の平均体重も減少しているという意見もあります。

平均体重はあくまでも自己申告による調査結果でもあり、BMI法も体脂肪までは

加味されてはいない数値になります。

女性にとって健康的な体を維持するには、机上で計算された平均体重だけではなく

体脂肪率なども合わせて考える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。