ピーリング石鹸の注意点

石鹸

ピーリング石鹸

エステでできるピーリングと同様の効果があるピーリング石鹸が人気です。

エステほどの効果はありませんが、簡単に扱えます。

ピーリング石鹸を使う時には目元と口元には泡をのせないのが原則です。

ピーリング石鹸は、フルーツ酸が少ないものであっても、刺激に弱くダメージを

受けやすい肌に用いるとトラブルの原因になります。

泡がついたら早めに洗い流すことてす。

ピーリング石鹸で顔を洗う頻度は、多くても朝と晩に1度ずつです。

ピーリング後は、思った以上に肌が乾燥すると感じることもあるので、化粧水などでしっかりと

保湿することも大切です。

ピーリング石鹸を使っているときには日焼けは禁物です。

ピーリングで肌が薄くなっているので、紫外線の刺激に弱くしみができてしまうことが

あります。

にきび予防やにきび解消にピーリング石鹸を使う人がいます。

ある程度の効果は期待できますが、成分によっては良くないこともあります。

にきびが傷になっていたり、膿が出ている時は、ピーリング石鹸の泡をつけない方が

いい場合もありますので、気をつけてください。

このほかにピーリング石鹸をおすすめできないのはアトピー肌の人などです。

皮膚がガサガサに乾いてしまったり、刺激が積み重なって赤くなってしまったら、

フルーツ酸の影響も考えられます。

肌の乾燥や赤みが強い時はピーリング石鹸から普通の洗顔料に切り替え、保湿を重視することも

必要かもしれませなん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。