夜用、昼用のスキンケア用品の使い分け

スキンケア用品

夜用、昼用のスキンケアの違い

昼と夜とでスキンケア用品を使い分けている人がいます

商品も、昼用と夜用で分けていることもあります。夜に使うことを前提にした

スキンケア用品とは、どのようなものなのでしょう。

夜用と昼用のスキンケア用品の差は、紫外線対策成分が含まれているか、

肌の代謝を促進する成分が使われているかなどです。夜に使うスキンケア用品では、

昼のメイクから解放された肌をリフレッシュし、ストレスから解き放つ効果を担います。

ターンオーバーを促す成分が多く入っている特徴もあります。肌に水分を与え、

乾燥が肌に負担をかけないように保水することも夜のスキンケア用品の重要な点です。

本来ならば夜に用いるスキンケア用品を昼に使うと、保湿力が強すぎるために

化粧が崩れやすくなったり、ファンデーションのノリが影響ほ受けるということ

もあります。

夜用のスキンケアがより重要

眠っているうちに代謝が活発になり、古い皮膚が剥がれて新しい皮膚ができるように

なりますので、メラニンも薄くなりしみやシワ対策も可能です。

夜用のスキンケア用品を選ぶ際は、確認しておきましょう。

しっかりと昼用夜用の区別を確認してから効果がある使用方法を守るようにしましょう。

シミやしわのスキンケアというは、1日や2日といった短期間で効果が

あらわれるものではありません。

適切なスキンケアをするためには、肌に合うスキンケア用品と、それを使いこなすことが

必要です。

スキンケア用品は、いろいろなメーカーから、様々な用途に合わせて販売されているので、

通販ショップの口コミや比較サイトなども使って、自分に合うスキンケア用品を

選ぶようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。