正しい保湿化粧品のつけ方

保湿

保湿化粧品

保湿化粧品でお肌に潤いを与えることは大事なことですが、正しいケアの方法とは

どのようなものなのでしょうか。

手のひらに化粧品を出し、お肌につける方法が、特に乾燥肌にはおすすめです。

コットンでは、肌を傷めずにつけているつもりかもしれませんが、

わずかな擦れ合ってすることがあります。

肌の表面を傷つけてしまうと肌の表面から水分が逃げだしてよけいに

燥しやすくなります。

一度手の上に乳液や化粧水を乗せ、それを顔に押さえるように優しくつけるように

してください。

そして、中指と薬指の腹で、顔に化粧品を馴染ませていきます。仕上げに目の周りや

フェイスラインを指の腹で軽く押してマッサージをするのがおすすめです。

化粧水を顔につける方法として、よくコットンが使われます。

コットンに化粧水を浸ませ、顔につけるというものです。

コットンが顔を結果的にこすってしまうことが、敏感肌や乾燥肌には悪いこともあります。

保湿化粧品でのケアは毎日繰り返すものですから、デリケートなお肌には手で優しく

ケアをする方法が良いのです。

手を使った化粧水のつけ方に慣れてくれば、特にコットンに頼らずとも効果的な

スキンケアができるようになります。

化粧品での保湿を行う場合は、肌を傷めずに化粧水をつけれるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。