レーザーによるヒゲ脱毛方法の注意点

ヒゲ

レーザーによるヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛の方法は、いくつかの種類があり、どの方法にもメリットとデメリットがあります。

レーザーを用いたヒゲ脱毛では、気をつけたいことは一体何でしょう。

レーザーによるヒゲ脱毛の方法は、ニードルによる脱毛方法とは違い、痛みも少なく、

短時間で施術できる事から、最近人気の脱毛方法となっています。

しかしながら、レーザーによる脱毛も万全と言う訳では無いようです。

レーザーを使用したヒゲ脱毛の場合は、顔という事で足や腕などの部分よりも

肌が弱いのがネックなのです。

つまり、手足よりは、施術後は腫れやすく、やけどになる可能性も高くなります。

顔の場合は、腕や足の毛と比べて毛根が深いこと、そしてヒゲの密度が高いので、

レーザー照射をすると熱がこもり易くなっています。レーザーの熱が皮膚の中に集中して、

やけどのような皮膚症状が出ることがあります。

ヒゲ脱毛の処理をした後、肌にやけどなどのトラブルが起こった場合は、

きちんと適切な処置をしてもらう事が大切です。

やけどや腫れなどの症状が見られた際は、すぐに処置をしなければ、

場合によってはやけどの跡が肌に残ってしまう可能性があるので注意が必要です。

レーザー脱毛の処置を受けた直後は特にトラブルが起きていなくても、

しばらく時間が経ってから、炎症が起きたり、赤みを帯びてきたりすることがあります。

ですから、ヒゲ脱毛直後だけでなく、しばらくは、少し気にしておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。