しわの原因と改善するための方法

コラーゲン

シワの原因

肌の保湿力が低下すると、どうしてしわが増えるかを把握することで、しわ改善に

有効な方法を認識することができます。

肌が乾燥すると、小さいしわが無数にできるようになります。ちりめんのようなしわや、

浅い線のしわなどです。

しわのできはじめは、ごく浅く短いしわばかりですが、何の対応もしないでいると

しわは徐々に目立ってきます。

細かいしわが一本のしわになると、深く目立つしわになって、解消することが

難しくなります。

しわ対策で大事なことは、肌を乾燥させないように、保湿ケアをすることです。

肌を乾燥から守ることで、小じわの解消効果が得られます。強い紫外線の照射によって、

しわができることがあります。

紫外線は、コラーゲンを破壊し、エラスチンを減らしてしまいます。

紫外線による肌の乾燥が、真皮層にまで到達すると改善に時間がかかりますので、

日頃から紫外線対策が必要です。

セルフケアでできることには限界があり、真皮層の乾燥でしわができると、

なかなか改善しませんので、普段からの心がけが大切です。

表情じわは、笑顔や、怒り顔など、表情の変化に伴って皮膚に刻まれるしわを差します。

特に目尻にできるしわはカラスの足跡とも呼ばれており、目につきやすいしわでもあるため、

予防や改善が重要です。

肌のハリがしっかりしているうちは目尻にしわができることはないので、

保湿ケアによる弾力維持が大切になります。普段のスキンケアに、

しわ改善効果が期待できるお手入れを組み込むことが、しわ対策に効果を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。