ボトックス注射で小顔になる方法

小顔

ボトックス注射で小顔

近年、小顔になれる方法としてボトックス注射が注目されています。

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質の一種で、

筋肉に作用してその動きを麻痺させる効果があります。

表情の変化によって表情筋を動かすことで、目もと眉間にしわが目立つようになります。

ボトックス注射は、眉間のしわや、目もとのしわを、筋肉を動かさないことで

軽減させます。

小顔になるために、ボトックス注射を使うという方法もあります。

人間の顔には、歯と歯をかみ合わせるための、咬筋という筋肉があります。

咬筋が多い顔は、あごの周囲が角張って、顔のサイズが大きく見えます。

ボトックス注射をすることで筋肉を委縮させ、えらを目立たないようにして、

小顔に見せることができるのです。

ボトックス注射は気軽にできる美容施術として知られており、

短時間で手術は終わりますし、当日中に入浴や化粧をすることも可能です。

ただし、ボトックス注射を注射することで、表情変化が少なくなったり、

まぶたが下がりやすくなる人がいます。

小顔効果を期待してボトックス注射を受けたいという人は、安心して任せられる病院で、

納得のいく施術をしてもらいましょう。

ボトックス注射の影響は、時間がたつと元に戻ってしまいますので、

一定期間をおいて注射を続けなければいけないこともネックの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。